廃車処分をする前に買取を検討する|高い買取価格

男女

査定額を高くする

お金

中古車の買取価格を高くしたいなら、まずは車体をきれいにしましょう。汚れを丁寧に落とすことで査定額が高くなります。シートなど、車内の清掃も行ない、ほこりや臭いを取り除いてください。

もっと読む

まとめて比較する

自動車

どの業者で車売却をしようか悩むなら、複数の業者を一括査定できるサービスを利用しましょう。短時間で簡単に比較できるため、料金相場が分からない人でも失敗が少なくなります。

もっと読む

損傷の度合いで変化する

交通事故

事故車は損傷の程度によって買取を行なってもらえることがあります。どの程度から買取を行なうのか、それにどんな金額をつけるのか業者によって料金は変化します。また、販売経路に工夫するところでは高い金額になる場合があります。

もっと読む

費用の相場

女性

事故や故障によって車が使えなくなった場合には、廃車処分を行ないます。廃車処分を行なう場合にはいろいろな費用がかかるため、処分に出すよりも買取依頼をする方がお得です。では、処分を行なう場合どういった料金が必要になるのか見ていきましょう。廃車処分でかかる料金は、大きく分けてリサイクル料と永久抹消登録費用、解体費用の3つです。廃車処分をするときには、車の解体を行ない、使える部分はリサイクルに回されます。資源を無駄にしないためにリサイクル法で定められたもので、リサイクルを行なうための費用を所有者が負担するのです。相場として、国産の軽自動車ならリサイクル料に8000円ほどかかり、国産で軽以外のものは10000円ほど、外国車の場合は15000円ほどして、大型車になると20000円ほどかかります。車種などによって金額は左右されるので、いくらになるのか具体的な金額が知りたい場合は業者に問い合わせてください。永久抹消登録をする場合、車種ごとの違いはその費用の他に、登録手続きをする場所も異なります。軽自動車は軽自動車協会で手続きをしますが、その他の車は陸運支局で行ないます。永久抹消登録の費用はリサイクル料よりとても安く、普通車の場合合計費用相場は400円前後、軽自動車なら100円ほどかかります。一方、解体費用は値段が高いことが多いです。相場は1万円ほどですが、業者ごとによって値段設定が変わります。